↓口コミでも大絶賛のノアンデはこちら↓


汗の元となる器官

人の体の中には汗の出る腺が複数あります。

アポクリン腺、エクリン腺、皮脂線という汗の出る器官があります。

ワキガの原因となる腺はアポクリン腺というものがあり、ここから出た汗が雑菌の食料となり、その雑菌が糞をしたり脱皮したり、またその死骸がニオイの原因になります。

このワキガの原因というのは親だけでなく子供にも遺伝することがあり、親のニオイが気になるお子さんはワキガである可能性を考えておいた方がいいでしょう。

アポクリン腺には個人差があり、その大きさが影響しています。

ですのでワキガが病気なのかというとそうとも限りません。

雑菌によって汚れてしまったことを感染症だというのであればそうかもしれませんが、遺伝的、先天的なところもあります。

ただ、病気でないから治療方法が無いだとか大丈夫だとか、そういった考えで放置するのもあまり良くありません。

正しくニオイをおさえていかなければ周りの人からの目も変わってきてしまいます。

ワキガの他に脇の下の汗の量を気にする人もいるでしょう。

汗は人が暮らしていくために体温を下げるために必要ですので、むやみに汗が出るからと言って手術で汗腺をふさいでしまうのも良くありません。どこかに汗の逃げ道を用意する必要があります。