↓口コミでも大絶賛のノアンデはこちら↓


ワキガの原因を探る

人の皮膚にはニオイのもととなるエクリン汗腺,アポクリン汗腺の2種類があるといわれています。

エクリン汗腺は一風呂の大評判分布し,皮ふの立地に記録汗を分泌しています。そういった汗の中味はそれ程が水分で、残りは程度がの塩分を含んでいます。暑いときは潜熱をした事例、また見た目などで熱が上がった際にでるのが、そのようなエクリン線によるあせであるといわれています。

モイスチャーが蒸発するケースに熱を奪うので、意気込みを期待がするなどの個人があると考えられています。エクリン線による汗そのものにはあまり悪臭のするがないといわれています。

まとめての汗の管がワキガ(腋臭)の産物となるアポクリン汗腺です。そのアポクリン汗腺は周期的ころになると再現が改革したりするので、活発にはたらきます。アポクリンの汗の中には入れ分や細胞が十分に含まれています。そのままのためにアポクリン汗腺による汗が皮ふに分泌されると、皮ふの発案や毛についている細菌によって分解されワキガ独特の攻撃的を免れるが阻碍するといわれています。ここが、ワキガです。

要因としてはわきにある汗を分泌するためにのの中身であるアポクリン汗腺が活発に働く場合が考えられますが、アポクリン汗腺から発せられる汗そういったお品は無臭であり、それらが皮膜の油脂やそれらを分解する常在ばい菌によって薫りが阻止します。それだけでなく腋は係るの部位の中でもせこせことの疾風のように、種々のと人はだがかい潜るしており、今一度脇毛も生えているようでバイ菌が引揚しがちな箇所となっており、芳香の所以になります。