↓口コミでも大絶賛のノアンデはこちら↓


イヤな脇汗

わきの下をつたう汗は、多汗症の人しかわからない不快感があります。
ボトックス注射が向いているのは、症状の軽い人や、多汗症でワキガでもある人です。
制汗剤や、殺菌効果の含まれる薬剤を脇に塗ることで、雑菌の繁殖を抑え臭いを防ぎます。
ワキガ治療の中でも効果が一番高いといわれています。
薬を飲んで治療するわけではないので、薬物療法は一時的な効果が期待できますが、治るわけではありません。
ワキガの治療法で最も直接的なものが手術です。
切除法は、かつてはよく行われていた手術方法でしたが、人によっては再びワキガになる人もいて、最近は別な方法が使われています。
吸引法手術は、皮膚を少しだけ切って器具を入れ、汗腺を吸いとるというものです。
ワキガは、大量の汗を伴う場合があります。
自分が希望していないワキガ治療をクリニック側が無理に勧めてこないことも大切です。
ワキガを根本的に治すには、手術での治療しかないといいます。
保険適応についてもあらかじめ確認しておくことも大切です。
クリニックで行われているワキガ治療後の効果についてもきちんと調べましょう。
制汗剤によって少しでも汗を抑え、快適な生活を過ごすもの手でしょう。
ワキガ治療の手術に不安がある人も少しは不安が解消されるかもしれません。
手術でワキガ治療を行う場合には、カウンセリングをしっかりと受けて自分に合った手術や治療方法を選ぶようにしましょう。
重症の場合には保険適用になる場合もあるので、調べておいたほうが良いでしょう。
削除法は皮膚の一部を切り取り、器具をその一部に挿入して汗腺と皮脂腺を削除する手術方法です。
皮膚を3pほど切開し、ワキガの原因となるアポクリン汗腺を確認しながら取り除く剪除法もあります。
どんなクリニックが知りたければ、一度実際に行ってみるというのもいい方法です。
手術方法を決めかねているという人は、ネットでワキガ手術の口コミ情報や、体験談のページなどをチェックすると、イメージが沸きやすいのではないでしょうか。