↓口コミでも大絶賛のノアンデはこちら↓


汗を抑える制汗剤

吸引法手術は、皮膚を少しだけ切って器具を入れ、汗腺を吸いとるというものです。
多汗症で悩んでいる人が世の中にはたくさんいるようですが、手術をしないで多汗症を治す方法はあるのでしょうか。
可能であれば、手術以外の方法で多汗症の治療をしたいものですが、手術に関する知識を持っていても損はありません。
わきがが長年のコンプレックスで、手術を検討しているという人は、少なくないといいます。
多汗症の治療では、手術以外にも様々なやり方があります。
重症の場合には保険適用になる場合もあるので、調べておいたほうが良いでしょう。
このアポクリン腺を除去するという手術法があります。
吸引法であれば、傷跡が残りにくく、色素沈着も起きにくくなります。
したがって基本的には、ワキを清潔な状態で保つことで、ワキガは防ぐことができます。
可能なら、手術前にカウンセリングを受け、気になる部分を聞いてみるとリスクが回避しやすくなります。
多汗症の手術を受けたことで思わぬ後遺症が出てしまった時に備えて、生涯保障制度が付帯されている医療機関を使い、リスク軽減をはかるという方法もあります。
薬を飲んで治療するわけではないので、薬物療法は一時的な効果が期待できますが、治るわけではありません。
実際の症状や、体質によっていくつかある手術の中から適切なものを選びましょう。
自分で感じているよりも、周りの人が感じているわきがの臭いが強いということもあるようです。
アポクリン腺から出る汗は、通常のエクリン腺から出る汗とは異なり、白い乳白色をしています。
ETSのいい点として、保険を使えば自己負担額が3割程度というところがあります。
わきがは、家族にわきがの人がいたり、耳あかが常に濡れているという人に、多く見られる症状です。
手術前には、きちんとカウンセリングを受け、医者から話をききましょう。
麻酔を施すので痛みはほとんどなく、効果は永続し、手術時間は片方20分程度です。
術後何日か経過してから、皮膚が固まってしまわないように、腕を動かすエクササイズをしましょう。
手術をしたその日に帰宅できますし、30分程度の手術時間ででき、手術の傷跡もごく小さいものです。